前提

「恋愛をしていないと、幸せを感じないんだよね〜・・・」
と大きくため息をつく友達。
確かに、恋愛することから得られる幸せというものってありますよね。
そして日々の力にもなってくれるものです。
ただ
「していないと」というものは少し違うかなと思ってその時は聞いていました。
それからというものの、彼女は合コンはもちろん、お金を払う「お見合いパーティー」などにも参加するようになったのです。
彼女は「恋愛をしようと必死」になっていたのです。
決して悪いことではないのですが
彼女を見ていると、恋愛をしないことがまるで罪であるかのように感じたのです。
「少し休憩したら?暫く趣味の場所にも顔を出していないし。今度一緒に行こうよ」
と無理矢理に彼女を誘いました(笑)
必死になって出会いを求めてしまうと良い結果は得られない。
・・・という事は私が身を持って経験していたので彼女には‘二の舞‘をふませたく無かったのです(苦笑)
そうして少しずつ「通常通り」の様子に変っていった彼女。
そんな日常になってから、彼女には思う人が趣味の場所で出来たようでした。
出会いはあったに越したことはありませんし、好きな人だって彼氏だって居たほうが楽しい。
けれどそれを
「幸せの前提」にしないことがそれらを掴む秘訣なのではないでしょうか。